人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

借りるなら...新築vsリフォーム済み

お部屋探しの時、できれば新築の方がいいと思う方の方が多いと思います045.gif
しかし、築年数の古い物件でもリフォーム済みの物件もあります!
新築とリフォーム済みの特徴をご紹介します034.gif

◇家賃◇
 当たり前のことですが、築年数が経つほど家賃は安くなる傾向にあります!
 安さを重視するなら古い物件が選択肢に入ります!
 例えば、築年数が1年と築年数30~34年経った物件では、2万以上違うこともあります005.gif
 フトコロ事情が切実な場合、古めの物件を狙うのがおススメです043.gif

 一方で、築年数がそこまで古くない場合、築浅物件との家賃の差は数千円に
 収まることもあります!
 『新築=高い』と思いがちですが、月に数千円の上乗せで新しく
 キレイなお部屋に住めるならお得感があるかもしれないですね006.gif

◇敷金・礼金◇
 新築・築浅物件とリフォーム済み物件の敷金・礼金を比較してみると、それぞれの物件
 ともに1か月がスタンダードです017.gif新築・築浅物件のも意外にも初期費用が高すぎない
 のです034.gifしかし、割合でみるとリフォーム物件のほうが多いです!
 古めの物件もある分、リフォーム済みの方がお得なケースが多いというわけです!

◇内装・設備◇
~新築~
 新築の魅力と言えば、室内のキレイさはもちろん、最新設備が充実していることです024.gif
 例えば、シングル向け物件なら来客を画面で確認できるテレビモニター付インターホンが
 付いていたり、バス・トイレ別になっている部屋も多いです!
 ファミリー向けなら、システムキッチン、浴室乾燥機、ウォークインクローゼットなど
 分譲マンション並の設備が充実しています060.gifなかにはオール電化や太陽光発電など
 エコな物件もあります!ネット専用回線、ケーブルテレビ、光ファイバーなどが
 用意されている場合もあります049.gif

~リフォーム済み~
 一言で『リフォーム済み』といっても内容は様々です!
 最も多いのは、壁紙を新しくしたり、畳をフローリングに替えたりする内装の張り替えです029.gif
 外観は古くても室内は新築並みにキレイなので是非、選択肢に入れてみて下さい072.gif
 また、築年数が古いほど不安な、水回りの設備を一新している物件もあります!
 古いお風呂を丸ごとユニットバスに変えたり、追炊き機能付きのお風呂にしたり
 温水洗浄便座付きのトイレにしたり、新しいシステムキッチンに交換されていたりします!
 ただし、耐震性に関しては1981年に施行された耐震設計の基準か注意しましょう074.gif





fk


by shinei_kenko | 2014-03-25 12:38