人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

マンションでもペットと暮らすコツ(^^)


◇ペットと暮らせる物件を探す◇
 不動産の物件情報で『ペット相談』という文字を目にします
 ペット飼育を前提にした物件ではないですが、ペットの種類や
 大きさなど、相談しだいでは飼育が許可される可能性があるという意味です

 また、ペットと暮らせる物件は大きく分けて2つあります!
 ・ペット相談物件
  一般の賃貸物件で、ペットの種類などによって飼育可能か
  相談に応じる物件
 ・ペット共生物件
  ペットと暮らすための設備が備えられている
  居住者が全員ペットを飼っている物件

◇費用の目安を知る◇
 『ペット相談物件』は通常の賃貸物件に比べ、借りるときの費用がやや割高になります!
 例えば、敷金2か月で退去時には全額償却とするなど敷金のうち、返還されない保障割合を
 あらかじめ明確にしているケースが多いです!
 現状回復費として追加で請求されることもあるので、契約前にしっかり確認し、
 部屋の使い方にも注意しましょう
 


◇飼育できるペットを確認する◇
 犬なら小型犬1匹まで、猫なら2匹までというように、種類や大きさ・飼育数に
 制限を設けている場合が多いです!
 『うさぎ・フェレットなど毛が抜け落ちる動物のほか、鳴き声を発する、室内を破損する』
 可能性がある動物は、必ず前もって相談することをお勧めします
 水槽で飼う生き物も、水漏れなどのトラブルがあってはいけないので、事前相談が安心です!

 ~契約時に必要な書類~
  ・ペット情報の申告
  ・予防接種の証明書コピー
  ・面接

fk
  

by shinei_kenko | 2014-03-27 17:47