人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

「組織論2・6・2の法則」とは?

「組織論2・6・2の法則」とは?_f0322193_19411765.jpg 「組織論2・6・2の法則」とは、組織は「20%のできる人」「60%の普通の人」「20%のできない人」に構成されやすいとした法則です。これは人間のみならず、アリ等でも同様に「働くアリ」「働くふりをするアリ」「働かないアリ」の3種類に分けられ、この配分も「2・6・2」になると言われています。


この「2・6・2の法則」で興味深いのは、ある層(レイヤー)の構成員が抜けても、残った構成員によって自然と「2・6・2」に再構成するということです。不思議ですね。たとえば「できる人」が組織からいなくなっても、「普通の人」から再び「できる人」が20%現れてくるのです。これは「できない人」が抜けても同様です。アリの世界でも同じで、「働くアリ」を集団から意図的に除いても、他の80%のアリの中から「働くアリ」が誕生してきます。


                  
 


             一級建築士事務所
             有限会社 新栄建興

                  ☎03-5377-9814
                     JT(※日本たばこ産業ではありません)


by shinei_kenko | 2014-04-06 19:48 | スタッフのつぶやき