人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

備忘録 更新料について

 某月某日、都内某所の中華料理屋にて
「今の部屋、更新料がきつくてさ~」
「香辛料? カレーってにおい落ちないからね」
「???」

 ……と、こんな三文芝居はさておき、部屋を借りている際に思わぬ出費として認識されていることの多い更新料ですが、一体どういった類のものなのでしょうか。

 更新料とは、賃貸物件の契約を更新する際に「大家さん、今までありがとうございました。これからも宜しくお願いします。これはほんの気持ちです」といった形で包むあらかじめ決められたお金のことです。支払う金額や実際に支払うかなど地域によって少しずつ異なってくるのですが、これは更新料そのものが慣習となっていることが大きく、2年ごとに1か月分の家賃と同額というのが首都圏における相場のようです。

 もともとは今より平和じゃなかった時代に家賃の取りはぐれを防ぐために制定されたのが元のようです。
 法的な義務付けがないことから更新料の支払いを義務付けた賃貸借契約の条項が消費者契約法により無効になるのではないかとして訴訟に発展した例もありますが、異常に高額な更新料を請求していた場合にのみ無効と判断されています。現代では更新料は賃料の補充や前払い、契約継続の対価という意味があるのです。

 最近では借り手有利の市場になっていることから、更新料の支払いを避けるために退去する入居者もおり、一度退去すると次の入居者が決まらないなどの不利益をこうむるのを避けるために更新料を値下げする貸主さんもいるようなので、以前よりは値下げの交渉がしやすくなっているようです。











γ
by shinei_kenko | 2014-04-08 12:42 | スタッフのつぶやき