ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

ドリフトピン工法とは?

木質系建物の工法のドリフトピン工法についてご存知ですか? 

概要

柱に凸型の金具を装着し、梁の接合部はプレカット掘り込まれた窪みに凹型の受けの金具が埋め込まれ、両者がドリフトピンで結合される。柱と梁の結合には釘は不要で、羽子板ボルトなどの従来金物も使用しない。柱にほぞ穴を掘らないので全面積が荷重面積となる。建築現場には、プレカット済みで金具を装着した状態で搬入され、現場では組み立ててピンを刺し込む作業のみとなる。筋交いの固定には、従来金物が使用される。基礎との結合や梁の上下の柱の結合には、ホールダウン金物が使用される。

従来金物工法との比較

長所

  • 柱の断面欠損が少なく、結合が強固であり、耐震性に勝る。
  • 現場での金物取り付けや、ボルト締めといった作業が無く、ピンの叩き込みのみで構造体が組みあがる。
  • 建物の歪みを調節する「屋直し」といった作業が不要。
  • 大規模木構造に要求される接合部の強度や耐火被覆の確保も容易で、従来金物では建築不能な設計にも対応できる。
  • 金物が外部に露出せず、全てを木材内部で処理することができるため、意匠上のみならず耐火性能,耐結露性能の向上に有効。
  • 十分な強度の梁を使用することで、筋交いや面構造材を省略し、ラーメン (骨組)構造にすることが出来る。

短所

  • 使用される金物が高額であり、必要な木材の量も増える傾向がある。そのために総じて施工総額が高くなる。
  • 金具の取り付け部位には、高い木材加工精度が要求されプレカット形状も特殊になるので、対応できるプレカット工場が限定される。
  • 筋交いを使用せず建築する場合は、固定モーメント法やD値法、マトリックス変位法など特殊な構造計算が必要となり、熟知する設計士が多くない。
    f0322193_18471501.jpg


    耐震基準適合証明書・フラット35適合証明書・ホームインスペクション(住宅診断)のことなら当社におまかせ下さい。

     

                 一級建築士事務所

                 有限会社 新栄建興

                ☎03-5377-9814

              JT(※日本たばこ産業ではありません

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    056.gif土地が生きる ・・・
     
    058.gif街が動く
     ・・・ 
    019.gif人が笑顔になる ・・・

    活気がある東京へ・・・日本へ。
    弊社が、お客様をサポート
    致します。
    わからないこと、困っていること、
    お気軽に当社へご相談ください
    006.gif

    ◆賃貸管理◆
    【オーナー様】物件の管理は当社にお任せください!!
    スピード入居・審査・収支ご報告・修繕工事

    ◆建築工事・解体工事◆
    実績がある当社で、安心工事で施工させていただきます。

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    有限会社新栄建興 一級建築士事務所
    ~SHINEI KENKO~
    〒168-0062
    東京都杉並区方南二丁目21番23号
    TEL:03-5377-9814
    FAX:03-5377-9815
    ●建設業許可●
    東京都知事(般-21)第132724号
    ○宅地建物取引業者○
    東京都知事(1)第92116
    HP:
    http://www.shinei-js.jp/
    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

[PR]
by shinei_kenko | 2014-05-09 18:51 | スタッフのつぶやき