人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

弊社では、一級建築士による耐震診断を行っております

耐震診断とは?
 実際に住宅を調査して、大規模な地震に対する建物の安全性を
 『評点』という数値で評価することです。他に、『地盤・基礎』の
 注意すべき点についても調査します。特に、耐震基準が大きく
 変わった昭和56年以前に建てられた木造住宅は、耐震診断を受け
 ることをおすすめします。


【耐震診断/木造住宅のみ】
 ■費用:50,000円
 ■証明書発行:1枚5,000円

 設計図面等がない場合・建物形状に増築が見られる場合は、
 費用が異なります。

 ※発行日数:最短で現場調査後3日(現場調査、半日完了)
 

 ☆耐震基準適合証明取得によるメリット
  住宅ローン減税や中古住宅取得の不動産取得税の軽減、
  所有権移転登記の登録免許税の軽減など、多数あります!



耐震診断が気になった方は是非、
お気軽に弊社へお問い合わせください

随時、ご相談承ります



fk


by shinei_kenko | 2014-04-14 17:45

弊社では、一級建築士による
フラット35適合証明発行のご案内をしています


フラット35とは...民間金融機関と住宅金融支援機構が提携し、みなさまに提供している
         長期固定金利住宅ローンです。
         長期固定金利住宅ローンは、資金のお受け取り時にご返済終了までの
         お借入金利・ご返済額が確定する住宅ローンなので長期にわたるライフプラン
         を立てやすくなります。
         フラット35は、『ずっと固定金利の安心』で大切なマイホームの取得と
         その後のライフプランをサポートします。


◇フラット35 4つのメリット◇

 メリット1.ずっと固定金利の安心
   『フラット35』は、最長35年の長期固定金利住宅ローンです。資金のお受け取り時に
    ご返済終了までのお借入金利、ご返済額が確定します。


 メリット2.保証料0円、繰上返済手数料0円
   一般的に、住宅ローンのお借入れに当たって必要となる保証料はかかりません。
   保証人も必要ありません。
   また、返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も、手数料はかかりません。

 メリット3.機構の技術基準で、住まいづくりを応援
   住宅の断熱性・耐久性について、住宅金融支援機構において技術基準を定め、
   物件検査受けていただいています。
   併せて、新築住宅では建築基準法に基づく検査済証が交付されることを確認
   しています。
   (物件検査に当たっては物件検査手数料は必要で、お客様のご負担となります。
     物件検査手数料は検査機関または適合証明技術者によって異なります。)

 メリット4.ご返済中も安心サポート
   多様な返済方法変更のメニューをそろえ、ご返済についてお悩みのお客様に
   親身になってご相談をお受けし、お客様のご事情に合った返済方法の変更を
   ご提案します。
   また、お客様に万が一のことがあった場合に備えて、機構団体信用生命保険や
   3大疾病保障付機構団体信用生命保険をご用意しています。
   (機構団体信用生命保険や3大疾病保障付機構団体信用生命保険の
    特約はお客様負担となります)



【フラット35適合証明発行】
 ◇戸建の場合・・・60,000円+消費税
  築年数がS56年以前の建物の場合・・・上記金額+10,000円
  フラット35Sの場合・・・上記+5,000円

 ◇マンションの場合・・・50,000円+消費税
  築年数がS56年以前の建物の場合・・・上記金額+10,000円
  フラット35Sの場合・・・上記金額+5,000円


   ※発行日数:最短で現場調査後2日
   ※東京23区、交通費無料となっております



随時、お問合せお待ちしております
お気軽にご相談ください(担当者:鳥居)


fk





by shinei_kenko | 2014-04-14 10:39