人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

2014年 05月 13日 ( 2 )

境界杭とは

 今日の新聞に興味深い記事が掲載されていました。

 3年前に日本中に深刻な爪痕を残した東日本大震災。この東日本大震災の津波で流された境界杭がなんとカナダまで漂着し、この度元々存在していた山元町へと帰還を果たしました。

 境界杭というのは、土地と土地の間の境界を示す為に設置される杭の事です。かつては自然木などによってその役割が果たされていましたが。やがて地価が高騰し、次第に区画が細分化されると、境界紛争の防止や財産の保全・売買や相続の簡略化のために専用の境界杭が設置されるようになりました。


 よく道路の端っこに存在している赤い四角いあれです。こんなやつです↓

 一番下の画像によると矢印の書かさっているものはその矢印の先の点が境界になっているということのようです。









γ

by shinei_kenko | 2014-05-13 17:17 | スタッフのつぶやき

BELSについて

 一次エネルギー消費量を指標とした新たな省エネ基準が導入された。

 非住宅建築物に係る一次エネルギー消費量について、第三者機関が客観的に評価し表示を行う、新たな『建築物省エネルギー性能表示制度(BuildingEnergy-efficiency Labeling System:略称“BELS”)』が創設されました。

 BELSとは、非住宅建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度です。改正省エネ基準(H26.4.1完全施行)に準じた評価手法が採用されているため、省エネ法に基づく届出書類等を活用した申請が可能となっています。
 フロアやテナント単位でも評価が行えるため、省エネルギーを通した社会貢献へのアピールや、テナントビル誘致の営業ツールとするなど、様々な場面での利用が想定されます。


参考資料:http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000505.html




γ

by shinei_kenko | 2014-05-13 14:05 | ニュース