人気ブログランキング |

ブログトップ

有限会社 新栄建興~都内No.1不動産会社

「新築」「駅間近」「陽当たり良好」などなど、賃貸物件の謳い文句にはさまざまな種類があります。その中には「収納」に関するものが多分に含まれています。
 また、引っ越しの際によく「住んでいた部屋が思っていた以上に広かった」という感想を持たれる方が多くいらっしゃいます。

 普段暮らしている中でものをいかに収納するかということが重要になります。様々な収納方法がありますが、その中でも使う頻度やタイミング別に分けて収納する方法をご紹介します。

①頻繁に使うもの
収納法ひとつで家事の効率はどう変わるのか_f0322193_1025290.gif

 すぐに取り出せる場所に収納する。

②たまに使う&使うタイミングが予想できないもの
収納法ひとつで家事の効率はどう変わるのか_f0322193_1025215.gif

 ある程度取り出しやすく、なおかつ忘れない場所に収納する。

③たまに使う&使うタイミングが決まっているもの
収納法ひとつで家事の効率はどう変わるのか_f0322193_1025245.gif

 取り出しづらい場所でもしまってあればOK.

④めったに使わないもの
収納法ひとつで家事の効率はどう変わるのか_f0322193_1025273.gif

 できれば収納せずに破棄するようにするのが望ましい。

 と、使用頻度すなわち取り出す回数やタイミングに応じて分類して収納すると家事の効率が良くなるとのことですが、一番大切なことは余分な荷物を持たないことです。






γ

by shinei_kenko | 2014-05-20 17:29 | スタッフのつぶやき


〇地震に強い建物とは〇
建物の地震対策として注目されているのが、
『免震・制震・耐震』
といった建築工法です!

☆免震☆
基礎部分と建物の間に免震装置を設置し、
地盤の揺れを建物に直接伝えない構造ことを言います

☆制震☆
建物の構造内に、振動を軽減する制振装置を組み込むことで
地震の揺れを吸収する構造

☆耐震☆
壁や柱を強化したり、補強材を入れるなどして
建物の強度を上げ、揺れに耐える構造

また、建物を支える基礎部分も重要なポイントです

地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part②_f0322193_1025275.gif

基礎には『布基礎』『ベタ基礎』の2種類があります!
布基礎:建物の外周や主要な壁の下を鉄筋コンクリートで支えるもの
ベタ基礎:床下全体を鉄筋コンクリートで固めます
     こちらの方が、揺れの影響を受けにくいと言われています


〇災害時、暮らしを守る住まいとは〇
大地震が起こってしまったあと、二次災害などでライフラインが
途絶えてしまった場合への備えについても考えておかなければなりません!
例えば、太陽光発電システムや蓄電池を装備し、電力会社からの電気供給が
ストップしてしまってもすぐには停電にならない住まいもあります
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part②_f0322193_1025242.gif

雨水を貯めておくタンクも非常時に役立ちます!
マンションなどの共同住宅では、自家発電装置や非常用水槽、停電時に
受水槽から水をくみ上げることができるポンプが利用されているなど、
管理組合としての備えがきちんとしているかという点も災害時には、
大きく影響します
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part②_f0322193_1025237.gif


〇安心できる家づくりは一人ひとりの備えから〇
様々な面から地震対策に配慮した家に住むことになっても万全ではありません!
いつ起こるか分からない災害に備えて、家具を固定する・避難場所を確認する・
緊急時の連絡手段を確認しておく・防災用品を備蓄するなど、普段からの備えが
あってこそ、安心安全の暮らしが守られます!!




fk



by shinei_kenko | 2014-05-20 13:03


こんにちは

地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025378.gif


住宅を購入する際、地震への対策を重視する人が増えています
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025275.gif

いつ起こるかわからない地震に、住宅購入や建築する際に気を付けたいこと
そして、二次災害への対策を踏まえたポイントをご紹介します
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025237.gif



〇地震対策はもはや家選びの必須条件〇
人生で最も高価な買い物である住宅購入!!
だからこそ、条件には色々とこだわりたいですよね!
特に、気にするのが安全面です。日本に住んでいるかぎりは、
地震は避ける事の出来ない自然災害の一つです
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025337.gif

住宅購入の際、決め手として『地震対策』が上位にあがります!
では、どのようなポイントを抑えるべきか...
まずは、その建物が建っているもしくは建築予定の土地の安全性です
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025275.gif

さらに、『建築構造』『設備』面での対策など、さまざまな要素を
総合的に判断することが大切です
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025329.gif



〇地震に強い土地を探す〇
☆地形☆
低地:周辺よりも低くなっている土地は大雨の時など水が集まりやすく
   地盤が軟弱であることが多い
干拓地・埋立地:土を運び埋めてて陸地にした土地。
        排水が悪く、地盤は軟弱で、液状化現象の恐れがある

☆造成の有無☆
造成地の場合は、山を削った『切土』か『盛土』を行って、地面を平らに調整しています!
『盛土』の地盤は軟弱地盤の可能性や沈下が起こることもあるため、注意が必要です!!
また、擁壁(※)がある場合は、老朽化により脆くなっていないか、増し積みされて
いないかなども気を付けたいポイントです
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025237.gif

※擁壁【ようへき】:崖や盛り土の側面が崩れ落ちるのを防ぐために築く壁のこと)

☆古地図やハザードマップ☆
古くは池や沼地、湿地だった場所も現在では市街地となり当時の面影を残してない
地域もあります。古地図を調べてみることで、土地の歴史が分かる場合もあります!
また、自治体が作成しているハザードマップも有力な手掛かりになります
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025374.gif


☆地名・旧地名☆
地名には、過去の自然災害や地質、土壌などに由来したものが多いため、地形を
判断するひとつの目安になります。水や水辺の動植物に関わる漢字が使われていたり
低地を意味する漢字・土質を表す漢字などを含む地名は、その土地の特性を表している
ことがあります。なお、町名の廃統合や開発により地名が変わっている場合でも、
法務局や地域の図書館にある資料などで、旧地名を調べることが出来ます!!




Part②では、
・地震に強い建物
・災害時暮らしを守る住まい等
についてご紹介します
地震対策は大丈夫?! ~防災意識を考えた住まい選び~ Part①_f0322193_1025344.gif




fk

by shinei_kenko | 2014-05-20 11:40